*

「 月別アーカイブ:2015年04月 」 一覧

子宮内膜症は出産すれば治る!?

酷い生理痛、生理過多、腰痛・・・。これらの症状が見られる時は、子宮内膜症を疑ってみましょう。不妊の原因の1つとも言われている子宮内膜症ですが、軽度であれば妊娠出産は十分可能です。今回は、巷でよく聞く「

続きを見る

手術しないと改善しない?実は色々ある子宮内膜症の治療法!

女性の人生に常について回ってくる「子宮内膜症」という病気。名前はよく聞くものの、その治療法についてはよく知らないという方も多いと思います。今回は子宮内膜症の治療方法について見ていきます。 &nb

続きを見る

子宮内膜症の薬物療法。気になる副作用は?

子宮内膜症の治療の一環として、低容量ピルが処方されることがあります。「ピル」と聞くと、やはり副作用が気になってしまいますよね。子宮内膜症の治療法や低容量ピルの副作用について見ていきましょう。 &

続きを見る

生理の度に悩まされる下痢と腰痛。もしかして病気かも?

生理が来る度に下痢・腰痛に悩まされる人は多いのではないでしょうか。今回はその原因と、腰痛の可能性の一つでもある子宮内膜症について見ていきます。   目次 ・子宮内膜症の症状

続きを見る

膀胱炎の市販薬と処方薬って違うの?

「膀胱炎になったけど、病院へ行ってもどうせ薬をもらうだけだし・・・。薬局で買った薬を使っても同じだよね!」・・・と、考える方は結構多いのですが、市販薬と処方薬は全く別物なのです。膀胱炎で処方されるお薬

続きを見る

子宮筋腫の手術ってどんな手術?

「子宮筋腫の手術って、お腹を開いて子宮をいじるんでしょ?絶対に嫌!」・・・いまだにそう思っている方、いませんか?確かに一昔前はそうでした。でも、医学は日々進歩していているんです。今はお腹を切らなくても

続きを見る

子宮筋腫の検査ってどんなことをするんだろう?

「生理が重いから子宮筋腫の検査を受けてみたい。でも正直怖い!」という女性は多いと思います。今回は子宮筋腫の検査方法について具体的に説明していきたいと思います。   目次 ・子宮筋腫

続きを見る

子宮筋腫の大きさと治療法の関係について知ろう

子宮筋腫は大人の女性にとって、とても身近な病気です。でも何となく知るのが怖い・・・そんな女性も多いのではないでしょうか?とはいえ、筋腫が大きくなってからでは遅いのです。筋腫が小さければ治療もすぐに終わ

続きを見る

子宮筋腫は誰でも持っている!痛くなったときの対処法とは

子宮筋腫は婦人病の中でも特に多い病気です。「子宮筋腫って生理が重い人がなるんでしょ?私には関係ないよ」と思っている人も要注意!あなたも子宮筋腫を持っている可能性があるのです。   目

続きを見る

意外と知らない、子宮筋腫にまつわる真実

成人女性の約20%が子宮筋腫による生理不調や激しい痛みに悩まされている昨今。「私には関係ないわ」と思っているあなたこそ要注意です!何故なら子宮筋腫は女性の大半が持っている筋腫だから。今回は子宮筋腫にま

続きを見る

img_582279c076a24
初めての婦人科検診。どんな検査をしているの?費用を上手に抑えるコツは?

職場の健康診断などで「婦人科検診」の案内を受け取る人も多いのではないで

img_582278d7cfda0
ピルってどんな薬なの?効果はいつまで続く?

女性のための避妊薬として知られているピル。海外では普及率の高いピルです

img_5822786e7cfb8
その出血、不正出血かも?不正出血の原因と生理との見分け方

出血の度合いには個人差がありますが、女性の半数以上が一度は経験すると言

img_57e8aace020a2
更年期になってからの初めての不正出血!原因と対処法は?

更年期に入って初めて不正出血を経験する女性は意外とたくさんいる

img_57e8aa36ae77d
無排卵なのに生理が来る?無排卵月経の症状とリスクが上がる要因とは?

あなたは毎月の生理が規則正しく来ていますか?出血量が突然多くなった

→もっと見る

    PAGE TOP ↑